人気絶品ランキング

主婦・OLの間で今話題のおせちの特徴・金額・送料を中心にまとめてみました。
女性に口コミ・評判な『お節』はこれだ!

1位

匠本舗オリジナルおせち

失敗しないおせちが今年も健在!
『匠本舗』の“五感を楽しませてくれるオリジナルおせち”
はいかがでしょうか?
京都の味覚満載で、京料亭の技と味わいをふんだんに取り込んでいます。
この商品は“失敗しないおせち!”ですので、目利きの主婦を集めて実際に試食した商品を厳選。
例えば『数の子鼈甲漬』『紅鮭糀漬』など。
また、中国産主原材料・人口保存料・人口甘味料・合成着色料は一切使用していません。小さなお子様にも安心です!

早い者勝ち!お急ぎください コチラ⇒

おススメ商品
●京都祇園 料亭「岩元」監修おせち 匠 
●価格 16,800円(送料・消費税込)

1位

Oisix(おいしっくす)おせち料理

『おいしっくす』の“安心食材のおせち”はいかがでしょうか?
お祝いの席だからこそ安心の合成着色料や保存料を一切使わないおせちをお届けします。
中国産の食材も使っておりません!
本物の食材を使った和洋折衷のおせちはいかがですか。
●安心・安全の人気No1 お急ぎを⇒
NHKで安心・安全と紹介されました!
※放射能対策もバッチリです!

おススメ商品
●高砂 和洋折衷定番おせち
●価格 15,750円(送料無料・消費税込)

3位

博多久松のおせち

7年連続楽天グルメ大賞(おせち部門)を受賞した
『博多久松』のおせち“博多”
はいかがでしょうか?
中国産食材を使わずにして、価格据え置き、ボリュームもそのままでお届けします。
この商品“博多”は、横25cm×縦25cm・内寸8寸(24p)の大きなお重の三段重でお届けします。
注文したおせちが届いたときによくありがちな、「あれ?小さい…」なんてことはありません! 4人〜5人前・45品

おススメ商品
●和洋折衷本格定番おせち 博多
●価格 15,800円(送料・消費税込)後払いOK!

4位

うまいもの探検隊

うまいもの探検隊のおせちといえば、かに!かに!かに!
タラバガニ、ズワイガニ、ケガニの三大かにプラスおせち料理の三段重!
さらに今年は別盛りで4種の海鮮(粒うに一夜漬け、漁師の番屋盛り、お刺身用ほたて貝柱、お刺身用甘えび)が追加になりました。 しかも、これだけ入ってお値段は4,200円も値下げ!
お正月は豪華にかにでお祝いしましょう。

おススメ商品
●北海雅膳 春の饗(ほっかいみやびぜん はるのきょう)
●価格 21,000円(送料無料・クール代・消費税込み)
全5種類あります。(15,750円〜)

5位

東京正直屋のおせち

和・洋・中華の多彩なおせち
『おもてなし』の心を込めて作り上げる
正直屋のおせち

おススメ商品
●宝仙 三段重
●価格 16,200円(送料無料・消費税込み)
種類が豊富です。

いつからあるのかな?

歴史は古く、なんと、紀元前2〜3世紀、弥生時代頃には既に誕生したといれています。弥生時代といえば、人々の暮らしが、ちょうど狩りから農耕へと移り変わっていった時期です。そのため、天候や農作物の出来は、人々の生活に、大きな影響を与えるものとなり、五穀豊穣を願った行事が行われるようになっていました。その行事は、季節の変わり目である「節目」に行われ、このときに、神様にお供えされたものが、「おせち」の始まりだといわれています。

その後、奈良から平安時代にかけても、朝廷において、季節の節目に、宮中行事を開くようになりました。この際にも、神様へのお供え物として、「御節供料理」が供えられ、江戸時代には、これが庶民の間にも広がり、やがて定着していきました。いくつかある季節の節目の中でも、もっとも重要とされ、お祝いされるお正月のごちそうとして、現在、おせち料理が残っているのです。

江戸時代には「御節供料理」と呼ばれていたものが、現在の「おせち料理」という呼び方に変わったのは、第二次世界大戦後、デパートがお正月の料理を「おせち料理」として売り出したことが始まりだと言われています。

このように、長い年月を経て、その時代にあった形に姿を変えてきた料理ですが、どの時代でも、おせちには、人々の願いが込められているというのは、変わらないものなのですね。

メニュー

お問い合わせ